ASKと示しているFX会社も存在しています

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売り買いして儲けを生む取引です。パーフェクトワン

買ったり売ったりの値は、1日中動いています。主婦派遣

これが為替相場です。お取り寄せ 肉

テレビを見ていると、通貨のマーケットのニュースが流れることがあります。

よく見かけるのが、「ドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

取引には、買値と売値の価格があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX会社も存在しています。

平常時には売値が低い値段に決められています。

買値は高く、売値は低くなるのです。

この差をスプレッドといい、FX業者の収入といわれています。

スプレッド幅は取引会社によって異なります。

スプレッドの幅は自分にとってコストになるので、狭いFX取引会社をピックアップするほうが得します。

ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドは変動します。

例えばドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、為替の変動が激しいときには大きくなります。

なので、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化しないということが大事です。

近頃では固定でスプレッドの狭さを表示するFX会社も数多く存在しています。

リアルに業者のトレード画面の中で実際の為替レートを確認しなければ評価できないのですが、とても重要なことです。

貴重なお金を使ってトレードをしますのでトレードの前に、気になるFX業者の口座開設をいくつもして表示されているスプレッドを確認しましょう。

同じペアでも、そのときの為替相場の状態によって通貨のスプレッドの狭さは変化します。

通常、銀行間取引市場で取引量の多い通貨の組合せではスプレッド幅が小さく残りの外貨ではスプレッドの幅が広くなる事が多いです。

Link

Copyright © 1996 www.govenormusic.com All Rights Reserved.